ブログ

ヒトヤ堂のレンタサイクル〜ノスタルジック地元旅編・後編〜

ヒトヤ堂のレンタサイクル〜ノスタルジック地元旅編・後編〜

ヒトヤ堂のスタッフ3人がレンタサイクルに乗って

オススメのサイクリングコースやお店をレポートするこの企画。

初回は生まれも育ちも静岡市、生粋の静岡人トミちゃん

知らないとなかなか見つけられない!

地元で昔から愛されているお店をご紹介。

“ノスタルジック地元旅・後編”をお届けします!

ノスタルジック地元旅・前編はこちら

⑤13:00 浅間神社 (所要時間1時間)

おやつにどら焼きを食べた後に到着したのは、

地元の方から「おせんげんさま」と呼ばれ、親しまれている

浅間神社 (せんげんじんじゃ)

浅間神社という名前から一つの神社のようですが、

実は神部神社・浅間神社(二社同殿)そして大歳御祖神社の三社を総称して、

静岡浅間神社と呼ばれています。

さらに境内には、麓山神社・八千戈神社・少彦名神社・玉鉾神社の四境内社が鎮座しており、

計7つの神社を回れば満願叶うと言われています。

大晦日は屋台なども並び、地元の方で大にぎわい。

週末にはクラフト雑貨や野菜販売などのマルシェをおこなっていることもあります。

普段はのんびり過ごせる神社ですので、

自転車に走り疲れた時にベンチでゆっくり休憩できます。

休憩後は再び長谷通りを散策!

↓自転車で5分

⑥お菓子の”ふくよし”(所要約30分)

おでんやさんや古本屋さんなど、

新しいお店に混じって昭和の雰囲気も残る長谷通り。

中でも一際目をひく黄色い看板が見えたら、そこが”お菓子のふくよし”

新しくできた駄菓子屋さんは見かけますが、

昔ながらの駄菓子屋さんを街中で見かける機会は減っていく一方。

今では貴重な存在になった「駄菓子屋」さん。

所狭しと並ぶお菓子の中には、

思わず「懐かしい!」と言ってしまう、あのお菓子もあるかも。

トミちゃんはお土産に、

透明なケースに入った四角い駄菓子を買ってきてくれました…。

今でも1番好きな駄菓子に挙げる、懐かしのこのお菓子。

調べたところ富士製菓有限会社さんの「もちもち君」という名前でした…。

ひとりでも楽しめますが、

お友達と行って1番好きだった駄菓子を探すのも楽しそう。

最後のシメは地元旅にふさわしいスポットへ向かいます。

↓自転車で5分

⑦ベストオブノスタルジック”天神湯”(所要約1時間)

旅先では必ず銭湯に行くという方も多いのではないでしょうか。

かつては多くあった銭湯も、現在は静岡市街にわずか二軒。

そのうちの一つが天神湯です。

まさに昔ながらの銭湯!という暖簾と看板。

ここから昭和の世界にタイムスリップ。

木の札のロッカーに、マッサージチェア!

時間が戻ったかのような感覚になります。

置いてあるものや什器はレトロですが、

床やカゴなどはとても清潔にされていて、利用しやすい銭湯です。

浴槽は一般的な銭湯と同じくらいの大きさですが、

天井がとても高いので家のお風呂とは段違いの開放感!

自転車旅の疲れも一気に吹き飛びます。

↓自転車で15分

⑦ヒトヤ堂到着

静岡人トミちゃんがお送りした

ノスタルジック地元旅いかがでしたか?

いずれのスポットもヒトヤ堂から自転車で20分以内ほどの距離。

交通量もそこまで多くなく、道も平坦で走りやすいため、

体力にちょっと自信がない…。

疲れずにのんびり過ごしたい…。

という方にオススメのコースです!

そして次回は、東京から移住のブログ担当が

静岡市街から少し離れた「丸子(まりこ)」方面へ小トリップ!

カメラ好きには必見のスポットをご紹介します〜

ヒトヤ堂のレンタサイクル情報はこちらから。

ヒトヤ堂のレンタサイクル

 

ーーーーーーーーーーーー

【今回ご紹介したスポット】

浅間神社

お菓子のふくよし

・天神湯