ブログ

ヒトヤ堂のレンタサイクル〜丸子の歴史とグルメ旅編・後編〜

ヒトヤ堂のレンタサイクル〜丸子の歴史とグルメ旅編・後編〜

ヒトヤ堂のレンタサイクルに乗って、

スタッフ3人が静岡市のおすすめサイクリングスポットをご紹介。

今回は前回に引き続き、

和紅茶の発祥の地としても知られる、丸子(まりこ)と宇津ノ谷エリアをご紹介!

コロナウイルスの影響で、駿府匠宿の体験工房がお休み…。

ということで足早に、

最終目的地「明治のトンネル」へ向けて、自転車を漕ぎ進めます。

ですが、この移動の間の写真がほとんどないんですよね…。

それもそのはず、駿府匠塾から明治のトンネルがある宇津ノ谷地区まで

距離にして5.2キロ

徒歩だと1時間15分もかかるんです…。

道は、ほぼ平坦。とはいえ、なだらかな上り坂で

脚がじわじわ疲れているのを感じます…。

そろそろ休みたい…と思った頃に、宇津ノ谷地区に到着!

⑤13:40 宇津ノ谷の家並み (所要時間30分〜1時間)

宇津ノ谷地区は、旧東海道の丸子宿と岡部宿の間に位置している集落。

静岡市では、宇津ノ谷地区を都市景観条例で「美しいまちづくり推進地区」に指定し、

街並みの保存に取り組んでいます。

そのため、古き良き街並みを感じることができます。

お目当の明治のトンネルは、集落を抜けてすぐの所に!

⑥13:50 明治のトンネル

「おおおお!!!これが行きたいと切望していた明治のトンネル!!!」

正直、観光案内のパンフやネットで検索した画像を見て、

「色彩加工もしてあるだろうし、実物はそこまで面白くないのでは…。」

と思っていました。

が、この圧倒的なパワー。

 

写真だけでは伝わらないのですが、この日は20度近い晴天。

ですが、明治のトンネルは場所が切り取られたかのように

内部は水で濡れており、天井からも滴り落ちて

ピチャンピチャンといたるところで音を鳴らしています。

ふと、汗だくだった身体に風が吹き抜けます。

まっすぐに伸びるトンネルから吹く冷たい風に当たると、

映画か小説の世界に立っているような感覚に…。

 

長々と書きましたが何が言いたいかというと、

「カメラ好き・建物好き・レトロ好きな人は行った方が良い!!!」

↑有形文化財にも指定されています。

ちょうど帰り際に、一眼レフカメラと三脚を持った方とすれ違いました。

写真を撮る方には人気のスポットなのかもしれません。

近くには、明治のトンネルの説明が書いてある看板が。

明治のトンネルは日本初の有料トンネルでした。

当初は今のようにまっすぐではなく、くの字に曲がっていたそうです。

 

明治のトンネルを満喫したあとは、静岡市街へ戻ります。

一度通った道なので、帰りの方が早く感じる…!

道もほぼまっすぐなので、迷わず帰れます。

明治のトンネルで小旅行は終了…のつもりでしたが、

さすがにお疲れ…ということで、甘いものでも食べて行きましょうか。

⑦15:00 茶町KINZABURO (所要時間 30分〜1時間)

今回伺ったのは茶町KINZABUROさん。

静岡老舗茶問屋 前田金三郎商店が運営する、お茶と抹茶スイーツのお店で、

店内にイートインスペースがありデザートもいただけます。

今回はアフォガードを!もちろん、かけるのはエスプレッソではなくお濃茶。

お濃茶アフォガード580円(税抜)

イートインスペースには販売されているお茶の試飲コーナーがあり、

デザートと一緒にお茶もいただけるのが魅力的。

この日はハーブ入り緑茶、ほのか薫「緑」をチョイス。

レモングラスとミントが緑茶にブレンドされていて、まるでレモネードのよう。

ホットでも飲めますが、試飲コーナーには冷茶がありました。

これが…本当に…おいしい!

自分用と、実家の母用と、ヒトヤ堂スタッフのお土産用に買いました。

10個入りの他に3つパックもあり、ちょこっとしたお土産にぴったり。

またスイーツでは、クリームをワッフルで巻いた「茶っふる」も人気。

食べて帰るもよし、お土産を選ぶのもよし、の茶町KINZABUROさん。

静岡駅周辺にお茶屋さんが多数あるので、お茶の飲み比べをするのも楽しそう…!

 

お腹がいっぱいになったところで、丸子旅は終了!

丸子と宇津ノ谷エリアの自転車旅、いかがでしたか?

日も延びてきたこの頃、

自転車で静岡を巡ってみませんか?

 

ヒトヤ堂のレンタサイクル情報はこちら

 

ーーーーーーーーーーーーー

【今回ご紹介したスポットはこちら】

宇津ノ谷の家並み

明治のトンネル

茶町KINZABURO