ブログ

ヒトヤ堂のレンタサイクル〜レトロ建築とアートをめぐる旅編・後編〜

ヒトヤ堂のレンタサイクル〜レトロ建築とアートをめぐる旅編・後編〜

ヒトヤ堂のスタッフ3人が、

レンタサイクルで使用しているRINDOW BIKESさんの

自転車に乗って静岡市のおすすめエリアをご紹介する企画。

前回は登呂遺跡&芹沢銈介美術館を、

ブログ担当が熱量高めにご紹介いたしました。

レトロ建築とアートめぐり、前編はこちら

 

芹沢銈介美術館から、

↓自転車6分くらい(850m)

④サウナの聖地”サウナしきじ” (所要時間1時間〜)

サウナしきじは「サウナの聖地」として、全国に知られています。

しきじを目的に静岡に来る方もいるほど!

その秘密は、水風呂。

水風呂…て怖くて入れない、という方も多いかもしれません。

かくゆうブログ担当も最近までそうでした。

そもそも暑いところでじっとすることができず、

3分くらいで出てしまっていたのですが…。

水風呂に入るようになってから、サウナが好きになりました。

 

特に、しきじの水風呂。

なんと天然水の水風呂で、駿河の自然で育まれた天然の湧き水。

そのまま飲料水として飲むことができ、持ち帰りも可能!

ペットボトルを持参して、お水を汲んで持ち帰る方もよく見かけます。

(持ち帰りOK!)

水風呂に入った心地は…水が優しい…。

お肌が卵のようにツルツルになりました…。

水風呂苦手なんだよな…という方も、

無理のない範囲で、ぜひチャレンジしてみてください!

 

そしてサウナはというと、

薬草サウナとフィンランド式サウナの二種類があります。

薬草サウナは韓国の漢方薬を使用していて、サウナ室に袋詰にして吊るしてあります。

今まで入ったサウナは、じんわり汗をかく程度。

ですが、薬草サウナは全身から汗がポタポタと落ちてきました。

一度入ったらやみつき…定期的に通いたくなること間違いなし。

1人1回、使用できるサウナマットがあるので、

大量の汗をかいても清潔感があるのも嬉しいです。

 

そして、サウナ後のお楽しみ、

しきじにはお食事処があるんです!

焼肉定食、ハンバーグ定食などメニューは豊富。

でも、ついつい頼んでしまうのは「アジフライ定食」!

お味噌汁や小鉢もついて、ボリュームもたっぷり。

しきじの休憩室&お食事処は男女別の空間なので、

サウナあがりに周囲を気にせず、ゆっくり休むことができます。

最後は、再び建築めぐりで旅をしめようと思います!

 

↓自転車で7分ほど(900m)

⑤旧マッケンジー邸

旧マッケンジー邸

は駿河区高松の海岸沿いに建つ洋館で、

故ダンカン・J・マッケンジー、故エミリー・M・マッケンジー夫妻の旧宅です。

市内に残る数少ない戦前の洋館のひとつとして、一般公開されています。

最終入館は16:00までなので

確実に行きたい方は、しきじの前に立ち寄ることをオススメします!

入り口は、まるで絵本の中に出てきそうな色と形。

夫の故ダンカン・J・マッケンジーは茶貿易商、

夫人の故エミリー・M・マッケンジーは社会福祉家であり、静岡市の名誉市民第一号でもありました。

洋館の中には、そんな夫妻を紹介したパネル展示などもあります。

木の階段や床材と淡いグリーンの壁が、涼しげで素敵な空間です。

台所のアメリカ製調理器具も、当時のまま保存されています。

なかなかお目にかかれない、立派なマントルピース。

どこを切り取っても絵になる洋館です。

目の前は海!

静岡駅周辺の街中から、海まで自転車で行けるとは…。

静岡の魚介類が新鮮なのも納得です。

 

 

レトロ建築とアートをめぐるコース、いかがでしたでしょうか?

観光ガイドに大きく取り上げられる場所以外にも、

静岡駅周辺には、まだまだ楽しめるスポットがたくさん。

日帰りや、一泊二日のショートステイも良いですが

一つの街に滞在するからこそ、見えてくる景色もあります。

次回は再びヒトヤ堂周辺に戻り、

「静岡お土産探しの旅」に向かいます!

 

ーーーーーーーーーーーー

【今回ご紹介したスポット】

サウナしきじ

旧マッケンジー邸