ヒトヤ堂

ブログ

ヒトヤ堂をつくっていた5月の頃(3)

ヒトヤ堂をつくっていた5月の頃(3)

ヒトヤ堂は、

専門家でないとでいない作業(電気、水道、ガス、大工作業)は業者の方に依頼、

できるところは自分たちで行うという

「ハーフビルド」という形をとりました。

で、どこからが自分たちで出来るのかというと…。

石膏ボードのつなぎ目を消す、「パテ」という作業からスタートしました!

これが、一番大変な作業と言っても過言ではなく…。

石膏ボードをとめるために打たれてる「ビス」という、ネジ頭のようなものも、

ぜーんぶ綺麗に消さないと、後でとても悲惨なことになるのです…。

↑写真にある、黄色い壁が石膏ボードと呼ばれる建材です。

 

ながれとしては、

①ファイバーテープ(つなぎ目が割れるのを防ぐテープ)を貼る

②つなぎ目をパテをする(2〜3回同じ作業をして、ようやく平らに…。)

③ビスの頭を消す

④乾いたらヤスリで平らになるまで磨く

…という作業を、1階から2階の全ての壁、天井をやらなければならなかったのです…。

特に天井!脚立を登って、降りて、移動してを永遠に繰り返し、おまけに首が曲がらなくなるほど痛い。

信じられないほど痛い。

そして想像の5倍くらいのパテを消費し、パテしないと進まないのに、まだパテが届いていない!

という足踏みが何度もあり、そのたびにイライラ。

これがまだ、スタートしたばかりの序盤の序盤だなんて恐ろしすぎました…。

5月初旬の頃の話。