ヒトヤ堂

ブログ

静岡市とことんローカル旅(4)久能山東照宮

静岡市とことんローカル旅(4)久能山東照宮

“とことんローカル旅”

と題しているのですが、今回ご紹介する久能山東照宮

ちっともローカルではありません。

むしろ、静岡駅から1時間圏内の観光スポットの中では

一番の目玉観光地かもしれません。

…なのですが、生まれも育ちも東京の私、

恥ずかしながら、静岡に来てから初めてその存在を知りました。

ゲストハウスに宿泊された海外の方が皆、久能山に行くというので

何をそんなにみんな登山するのだろう…。と思ってたほど。

というわけで、今回は久能山東照宮をご紹介いたします!

東照宮、というと日光東照宮を思い浮かべる方が多いと思います。

ですが久能山東照宮の歴史はさらに深く、

あの徳川家康が葬られている場所であります。

久能山東照宮のパンフレットによると、

「家康公は病の重態なるを知り

遺体は駿河の久能山に葬ること

・葬礼は江戸の増上寺に於いて行うこと

・一周忌を過ぎて後、下野の日光山に小堂を建てて関八洲の鎮守となるべきこと

などを遺命しました。」とあります。

つまり、この地に徳川家康の遺体があるということ…!

 

精密に作られた獄彩色の彫刻の数々は、日光東照宮と通じるものがあります…。

☕︎

そして特筆すべきはこの久能山東照宮、

標高270メートルの場所にあるということです。

今でこそ、日本平と久能山を結ぶロープーウェイがあるので

誰でも気軽に行くことができるのですが、

より当時に思いをはせるなら駿河湾を見下ろしながら行く

「1159」段の石段ルートがオススメです。

…ちなみに私は真夏に行ったため、即ロープーウェイに乗りましたが…。

この石段を登ってお参りをしていた当時の人々も凄いですが、

そもそもこの厳しい土地に、このような豪華絢爛な建物を作り出せることが

すごすぎます…。

☕︎

家康公のお墓や、久能山東照宮博物館など

歴史好きにはたまらないスポットのほか、

駿河湾を一望できるビュースポットなどもある久能山東照宮。

日光東照宮しか知らなかった…という方、一度足を運んでみてはいかがですか?