ヒトヤ堂

ブログ

6月17日ー12月17日 半年経ちました。

本日、2018年12月17日。

ヒトヤ堂がオープンして半年が経ちました。

早いのか、まだそんなものなのか、

分からずにいるのが正直なところなのですが、

確実にオープンの頃の記憶が抜け落ちているのを実感します。

と、いうわけで。

今一度「ヒトヤ堂」をご紹介しつつ、オープン当時を振り返りたいと思います!

まず、こちらがヒトヤ堂の正面。

手前が喫茶店になっているのですが、ゲストハウスの玄関も共通のため

「本当にここで合っているのだろうか…。」と、不安げなゲストさんを度々見かけます。

玄関の扉についているドアノックは、

モロッコのマーケットで買ったものです。

写真には写っていませんが、郵便受けも静岡の骨董市で買ったものなので

お越しの際はぜひチェックしてみてください。

ドアノックは使われていませんが、郵便受けは配達のお兄さんが使用しています。

喫茶店は、前の喫茶店「珈琲舎・茜」さんの雰囲気を

ほぼ残した作りになっています。大きく変わったのは照明でしょうか。

ほとんどが設計士さんが用意してくれたものですが、

カウンターについているステンドグラス風のランプは、

静岡のリサイクルショップで格安で手にいれたものです。

こちらは半年前のラウンジのカウンター。まだ本棚は空きが目立ちます。

半年後ですでにいっぱいに…。

初めは喫茶店で読んだら良さそうな本セレクトで置いていたのですが、

積読本を溜め込む癖がある私、

まだ読み終わってないのに次々と買ってしまい、

ひとまずお店に置いてあります。今ではミステリー・サスペンスが多め、

完全に個人の趣味本棚と化しています。

そしてこちらもモロッコで購入のランプ。

現地で8千円くらいだったでしょうか。このランプを買いに

モロッコへ行ったと言っても過言ではありません。

シャワー室のドアノックも、もちろんモロッコ産。

プレートはハンズで買った革のハギレに彫刻刀で文字を掘ったのですが、

字が小さすぎて見にくく、

現在はお菓子の箱だった厚紙にマジックで「女性専用」と書いてある

非常にダサい仕上がりになっています…。

年明けにはもう少しマシなものを作りたいところです。

 

半年の間で、いろいろな方から

「このお店に合いそうだから…」と、頂いたものがあります。

初めは自分たちのものだけでしたが、

今は多くの人に支えられて、少しずつ形づくられているような気がします。

そして、自分たちの私物も溢れかえってきたので、

年末の大掃除で断捨離せねば…という気持ちです。笑

まずは、の半年。そして次は周年。

次の半年でヒトヤ堂がどのように変わって行くのか楽しみです。